体験記

 ★★★★★ はじめに必ずお読み下さい★★★★★

 

 これは、介護家族から見たレビー小体型認知症の貴重な体験記集です。

(ご本人の立場からの体験記も今後、掲載する予定です。)

 

ご自分のご家族の場合とまったく同じ部分、まったく違う部分、

色々あり、驚かれると思います。

 

レビーは、『これが同じ病気か』と思うほど、

出る症状も、症状が出る順番進行の仕方速度様々です

(多種多様な症状詳しい説明と具体例は→こちらを

ネット上の情報の中では、最も詳しく分かり易いと思っています。)

 

に対する反応(効果・副作用)にも非常に大きな個人差があります

(実際、飲んでみなければ、どう作用するかわからないのです。)

 

ですから「同じ症状が必ず出る」ということはありませんし、

「同じ薬が必ず効く」「同じ薬で必ず同じ副作用が出る」とも限りません。

 

冷静に、お読み下さい

 

 

辛い体験をされた方々が、『他の方には、同じ思いをして欲しくない』というお気持ちから貴重な、そして大変なご経験を公開して下さっています。

 

しかし早期からレビーと気付き病気について学び適切な医療、

ケアの結果、長期にわたって大変おだやかに、幸せに過ごされている方々

もいらっしゃいます

 

 

決して、「レビー小体型認知症=介護が困難」ではありません

 

 

今、もし状態がとても悪いとしても、このまま右肩下がりに悪くなり続ける訳ではありません

副作用を起こしている薬を減らしたり、止めたり、家族が適切な対応ができるようになると驚く程良くなるのもレビーならではの不思議です。

 

不思議と言えば、レビーを患う方には、共通の性格があると言われているのをご存知ですか?

 

まじめ」「おだやか」「他人を気使ういい人」です。

茶目っ気のある人も割と多い」「知的な職業に就いている人が多い」という印象を持つ方々もいらっしゃいます。

 

私(しば)は、「家族から深く愛される人が多い」と感じています。

 

 

 <最後に>
体験記は、私(東京ゆるゆる組web記者—勿論、ボランティア—)が、お話をメールで伺い、再構成して書いたものです。

監修は、boss(おしゃべり会代表)です。

 

また体験記取材にご協力頂ける方、「お問い合わせ」からお気軽にご連絡、お問い合わせ下さい。お待ちしています!

 

しば

 

 

蓮の花 (撮影:しば)
蓮の花 (撮影:しば)

Aさんの御主人の場合

夫(S29年生。59歳)介護者:妻Aさん(59歳) 二人暮らし

 

 

続きを読む 0 コメント

Yさんのお母様の場合

母:89才(T13年生。夫婦2人暮らし)   主介護者: 隣に住む娘(私) 

                                   

続きを読む 1 コメント

Hさんご自身の場合

Hさん(S25年生。63才)  介護者:妻Mさん(病歴はMさんが記述)

 

 

続きを読む 0 コメント

たまちゃんの姉さんのお母様の場合

母(S3年生。84才)     介護者:母と2人暮らしの次女(私)

 

 

続きを読む 0 コメント

たっちさんのお父様の場合

父:88才(T14年生)   主介護者: 近隣に住む兄 遠距離介護の娘(私)

                                   母: 父と2人暮らし。脳血管性認知症

 

 
続きを読む 0 コメント

うめのははさんのお父様の場合

父:81才(S6年生)   主介護者: 二世帯住宅に住む娘(私)

                                   母: 脳血管性認知症

 

続きを読む 0 コメント

ameさんのお母様の場合

 

母:77才(S10年生)    主介護者: 同居の父(82)と近所に住む娘(私)

 

 

続きを読む 0 コメント

T.H.さんの御主人の場合

 

夫:76才(S11年生)    介護者: 同居の妻(私)74才。

 


続きを読む 1 コメント
アクセスカウンター