お空のうえのレビーおしゃべり会

おしゃべり会にいつも遠いところから参加してくださっていた

まこさんのお母様が亡くなりました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

お母様もお父様もがんばりましたが、なんといってもまこさんが

努力を惜しまなかったという、その姿が、私たちの心に

大きく残っています。

 

できることをできるときにできるだけ。

 

これはゆるゆるとした考え方のようでもあり、

その時、精一杯、力をふりしぼってがんばる、ということとも

言えます。

 

最初からできない、と思うより、できそうなことを

できるだけやってみる。

できなかったら、それはいい。

 

レビーの家族は、いろんな場面で理不尽なことに

遭遇する割合が高いのではと思います。

 

その理不尽を、心の中で押さえるか、震えながらでも

口に出し、レビーである家族のためにやってみるか。

 

それも、やっぱり

できるときにできることをできるだけ。

 

なのでしょう。

 

お空の上のレビーおしゃべり会、

きっと準備もすんで、まこさんのお母様の席にはお花がいっぱい。

笑顔の人たちが、待ってることでしょう。

「あのときは、こうしてもらいたかったなあ」

「でも精一杯やってくれましたよ」

「とにかく、楽しい妻だったんで、よかった」

 

とか話してそう。

 

レビー家族は医師でもないし(医師もいるかもしれません)、

訓練されているわけでもない(画像診断など)のに、専門書やいろんな本を読んだから、ネットで論文を見つけたからとすぐにそれを真実と

考えてしまうところがありますが、

究極の神経難病の理論など、判断できるわけではありません。

付け焼き刃の議論で「思い込み」を作るより、まずは家族や周囲はしっかり観察することを優先し、ご本人の代弁者として医師に伝えることが

大事だと、私は思います。

 

三寒四温のこの季節、変調が出やすくなります。

 

みなさまお大事に。

 

(まこさんのお話は、

「認知症は治せる」(河野和彦)マキノ出版に登場しています。)

 

by boss

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。