症状2. 自律神経症状(障害)

2つめは、自律神経の障害から起こる様々な症状を見ていきましょう。

 

知っていなければ危険を伴い、本人も家族も苦しむ大変な症状なのですが、医療・介護の職員でもよく知らない場合が多いので注意が必要です。

 

 

以下は、レビーの発見者である小坂憲司医師著「第二の認知症 増えるレビー小体型認知症の今」(P.88〜91)と小阪憲司・羽田野政治著「レビー小体型認知症の介護がわかるガイドブック」(P.66〜76)からの抜き書きです。

 


    < 自律神経症状 (自律神経障害)>

原因:レビー小体が、脳内だけでなく全身の自律神経(心臓、胃、腸、皮膚など)に現われ、それが自律神経症状(自律神経障害)を起こす。

症状は、数え切れない程あるが、現われ方は、人により違う。自覚症状に乏しい場合も。
パーキンソン病シャイ・ドレーガー症候群(後にレビーだったと判明する例も少なくない。)やメニエール病も自律神経症状をきたす代表的病気。

  < 代表的な症状 >

起立性低血圧
立ち上がったり、起き上がった時などに急激に血圧が低下する症状。
立ちくらみ失神を起こす。食後には特に起こりやすいので転倒に要注意。
普段から低血圧がある人だけに起こるものではない。 (注1)
(降圧薬、血管拡張薬、利尿剤、抗パーキンソン病薬で起こる場合もある。)

体温調節の困難発汗障害
多汗。(何度も着替える程の大量の汗をかく。寝汗の場合も)
無汗。(汗が出ず、体内に熱がこもって発熱することもある。)
(上半身が多汗で、下半身は無汗という例もある。) (注byしば)
低体温症になりやすい。(手や足だけが局所的に冷えることもある。)

 

便秘頻尿尿意切迫感尿もれ尿失禁(排泄に関する障害は非常に多い)

めまい
目が回る「回転性めまい」よりも「浮動性めまい」(ふわふわ、ゆらゆら揺れる感覚)が多い。(「動揺性/非回転性めまい」とも言う。)

*皮脂の分泌が盛んで、顔がテカテカと脂ぎった状態になる。(脂漏性顔貌)
 それによって皮膚炎を起こすことも。

その他の症状(人によりまちまち)
倦怠感(だるさ)頭痛耳鳴りイライラ微熱むくみ肩こり

背中の痛みのぼせしびれ動悸息苦しさ血圧のバランスの悪さ胸痛食欲不振インポテンツドライアイ


<体温調節 自宅介護のコツ>


●手足の冷えには、入浴(ぬるめの湯)、足浴、手浴が効果的。
●体温調節が難しい場合には、室温は、25度程度。湿度40〜60%に保つ
●被服内温度(着衣の中の温度)は、31〜33度に保つ。
●部屋と各場所(トイレなど)の温度が、5度以上違わないようにする。

                   (抜き書きはここまで)

 

注1)「”原因不明の意識消失発作(5分位の失神)があり、精密検査をしても原因不明。1ヶ月に2回程続いた”などという既往があればレビー小体型認知症です。」(河野和彦著「コウノメソッドでみる認知症診療」P.42)

注byしば)多汗・無汗(体温調節困難)は、突然切り代わることがあるので常に注意が必要です。夜中に「暑い、暑い」と大汗をかいて、しばらくすると「寒い、寒い」と震えたりもします。

天候(悪天候、低気圧、台風、寒暖の差の激しい時期)により心身の状態が悪化することもあります。
眼球頸動脈(首の左右の付け根)を強く圧迫すると血圧低下が起こり意識障害気絶生命の危険もあります。顔を拭く時や着替えの時には、注意が必要です。 (医師のコメントから)

 

症状追記:声が小さく抑揚がないのも特徴。書く字が小さい。まばたきが少ない。


<関連記事>
*カテゴリ:「レビーと各種認知症の症状と早期発見チェックリスト)
*「レビー小体型認知症の特集記事(朝日新聞)」(非常に詳しい。)
*「レビー小体型認知症の症状と誤診の多さ(患者は医師に幻視を訴えない)

コモンタイム(ハーブ)
コモンタイム(ハーブ)