レビー小体型認知症の診断が難しい6つの理由

レビー小体型認知症の診断は、専門医でも非常に難しいと言われています。

 

          < なぜでしょうか? >

 

 

(小阪憲司著「第二の認知症」から主に引用。ページ数示す。)

 

  <理由その1> 口答の知能テストでは、高得点を取る方がいる。

 

特に初期の場合、記憶力の低下が、ほとんどない方がいます。P.77

レビーは、「物忘れ」よりも「注意力の低下」が目立つ病気です。

長谷川式簡易知能評価スケール(「猫、桜、電車」等と言わせるテスト)では、計算を間違いやすいという特徴があります。

それは計算能力の低下ではなく、注意力の低下の結果です。

 

  <理由その2> CTやMRIの画像に、脳の異常が出ない。

 

脳の萎縮は少なく、脳血管性認知症のように梗塞や出血の跡もありません。

年相応で異常がない脳」は、レビー小体型認知症の特徴です。

(但し、海馬の萎縮が見られるタイプもある。)P.111 

 

<理由その3> 脳血流検査(SPECT)でも異常が見つからない方が。

 

レビーでは、後頭葉の血流低下(=機能低下)が特徴ですが、正常と診断される方も30%程度います。P.113(参考論文—記事の脚注に—

 

  <理由その4> MIBG心筋シンチグラフィでも1割の例外がいる。

 

現在、この検査が最も精度が高いと言われています。しかし10人に1人は、この検査でも異常が見つかりません。90%の精度でしかないのです。P.116

 

  <理由その5> 特徴的な症状が出ない方もいる。

 

パーキンソン症状、幻視、うつ、起立性低血圧(立ちくらみ)、頻尿など、

レビー特有の症状が(初期・中期に、或は最後まで)出ない方もいます

(P.66他)

 

  <理由その6> 認知症は、合併が多く、症状は個人差が激しい。

 

アルツハイマー型、脳血管性、前頭側頭型(ピック病)など他の認知症を合併している方も少なくありません。症状が混ざり合い、より複雑になります。

 (久山町の調査から)

 

        そのために、誤診が大変多いのです。

 

例:「検査の結果、異常はありません。認知症ではありません」

例:「アルツハイマー型です/脳血管性です/うつ病です。等々」

「レビーの可能性大だが、この結果からは診断できない」と言われた方も。

 

       < 診断基準は、医師によっても違います。>

症状のみから診断する医師、心筋シンチグラフィで異常がないので「レビーではない」と誤診する有名な大病院の医師等、様々です。

 

認知症専門病院、専門外来、専門医でもレビー小体型認知症をよく知らない医師はたくさんいますので、医師を選び、その医師宛(病院宛ではなく)の紹介状を書いてもらいましょう。

 

しかし今、多くの大学病院などで、診断だけは、概ねできるそうです。

 

        が、診断と治療は、また別の問題です。 >

 

有名な大病院で「レビーに治療法なんてありませんよ」と実際に言われた方がいます。(治療法は、あります。)

診断はできても、治療については、よく知らない医師が、大病院にも少なくないことが、大勢の介護家族の方のお話から分かります。

 

       では、家族はどうすれば良いのか? >

 

   レビー小体型認知症という病気について、治療について、

      家族自身が、学んで自衛するしかありません。

 

それほど難しいことではありません。

無数にある病気の中から、たった1つの病気について知るだけです。

無数にある薬の中からリスパダールなど「絶対に飲ませてはいけない薬

(しかし多くの医師が知らずに処方する)」を何種類か覚えるだけでも

悪化という事態は、家族が自分で防ぐことができます。

 

治療にあたって、医師との良い付き合い方については、次回に。

 

<関連記事>

認知症の種類別長谷川式スケールの答え方・間違い方

レビー小体型認知症の検査・心筋シンチグラフィ

なぜ認知症は誤診されるのか(久山町の調査)合併の患者の多さ 

認知症を悪化させる薬の処方(新聞記事)(リンクで危険な薬一覧)

このサイトの中の体験記集

若年性レビー小体型認知症本人Kさんの体験談 

(MRI、脳血流検査、心筋シンチグラフィの全てに異常が見られなかった例)

 

風船葛(フウセンカズラ)
風船葛(フウセンカズラ)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    aya (火曜日, 15 10月 2013 20:38)

    主人がレビーです。リスパダールを投与されています。このコーナーで服用する事は禁と知り中止して一週間が経ちました。先生を信頼していましたが、家族も勉強しないといけないと思い知らされました。

  • #2

    しば (水曜日, 16 10月 2013 07:10)

    ayaさん
    コメント、本当にありがとうございます。

    リスパダールなどの統合失調症治療薬が、レビー小体型認知症に禁忌ということを普通の医師は、知りません。

    学術雑誌である臨床神経学42巻8号(2002年)にも「レビーにアリセプトとリスパダールを併用し効果が出たと報告されている」と書かれています。

    普通の医師は、当然のこととしてリスパダール等の抗精神病薬を処方し、悪化してもそれが薬の副作用とは気付きません。

    主治医の先生お一人の責任ではないのです。

    どうぞ薬のことを知り、御主人様の穏やかな生活をayaさんが守ってさしあげて下さい。

    絶対に飲ませてはいけない薬は、ごくわずかな種類しかありません。
    その他の薬は、量に気をつけるだけです。
    これだけで愛する家族を劇的悪化から守ることができます。

    同じ介護家族仲間として一緒に前を向き、進んでいきましょう!