レビーの混合型って?

残暑お見舞いの時期ですが、暑い!!

ゆるゆる組ブログもなかなか更新できず、ごめんなさい。

 あちゃこちゃで、「レビー小体型認知症」を話すのに忙しくしております。

 

 

 

 

 

私や創立メンバーが理解しているレビー小体型認知症というのは、

全般的に穏やかで、混乱はあったとしても、それは家族にしてみれば

病的な症状という感じはしない、というものだったので、

激しいレビーというのが、なかなか理解できないでいました。

そのために、知らないで傷つけてしまった家族もいたかもしれません。

 

今はさまざまな症状を持つレビーに少々困惑しているのも事実。

それでも根本は変わらないので、一生懸命理解し、勉強させてもらっています。

 

私たちは小阪先生のお話も河野先生のお話もしっかり耳を傾けて

います。

最近は周囲にレビー小体型認知症を理解し、それぞれのポリシーで

細やかな治療をされる医師たちも増えています。

 

 

私たちがとにかく、一番に望んでいることは

レビー小体型認知症と診断されたら、

すぐに適切で細やかな治療を開始することができて、

理解あるケアのもとに、

ご本人にとっても、家族にとっても

穏やかな時間を一秒でも保てて、命を大切に

今を大切に一緒に生きたいということです。

 

で、お知らせしたいのは、

8月19日の河野先生のブログは大変参考になりますので、

ぜひご覧ください。

 

ドクターコウノの認知症ブログ

http://dr-kono.blogzine.jp/

 

と同時に

私とゆるりさんが参加してきた「パーキンソン病と理学療法」

のセミナー報告もご覧下さい。

 

ゆるり家のケセラセラな日常

公開セミナー(パーキンソン病)その1

               その2

 

by boss