山形GH大会に参加

第7回山形GH大会に参加してきました。

 

 

山形GH大会で「レビー小体型認知症の人の介護と実践」ということで

お話させていただく機会を得て、行って参りました、天童市。

 

「介護と実践」ということでしたが、私がお話できるのは、レビーの方の声と介護家族の思いと、レビー患者とその家族の現実。

いっぱい伝えたいことはあるのですが、イザとなると、あれこれ噴出して

きてしまうので、いつも時間ジャックをしてしまいます。

今回はレジュメにそって、写真もいれて、話しました。

それでも10分オーバーだったようです。

どなたか時間を知らせたかもしれないけど、目に入ってません(汗)

 

しば記者のブログで紹介されている、simsimさんのレビー家族のマンガはタイミング良く説明に使い、とても好評でした。

 

参加者はグループホーム関係者ですから、施設とレビーの関係など

もお話しできました。

 

守りたい命、人が生きるということ、マニュアルではない「こころ」

が伝えられたら。。

 

一緒に登壇した若年性アルツハイマーの佐藤雅彦さんのお話と

連動して、私の気持ちも精一杯開かせてもらえたと思います。

 

交流会で、「今まで不安に思っていた事が全部納得できました、

明日からのケアに活かします」と声をいただいたとき、

あ〜天童にきて、ほんとうに良かったと思いました。

 

レビーの説明のときは、ちらほら寝ている方もいましたが、

マンガを機に皆さん、起きたみたい〜〜

 

simsimさん、連続投球で続きを書いて下さい!!

 

また山形GH会独自の交換実習のレポート発表は、感動すること

がいっぱい。

家族にも聞いてもらいたかった〜

 

あ、芋煮もしっかりいただきました!

 

山形GH大会のスタッフの方、そして山形のみなさま、ありがとうございました♪