なぜレビーを連呼するのか

最近、認知症関連の情報サイトでも「レビー小体型認知症」を取り上げて、説明しているところも増えました。でも。。。

レビー小体型認知症を医師に聞く、というような情報も増えて、レビーって

どんな病気?ということは、おおざっぱに伝わるようになりました。

 

怖い病気ねえというのも少し、減ったような感じもします。

 

レビー小体型認知症が知れ渡ることはうれしいことですが。。。

 

実は、その治療やケアについては、そのサイトで、説明している医師の見解

で話されているので、偏りはいなめません。

 

医師は24時間患者と過ごしているわけではありません。

 

医師にも家族にも、

患者さんが何を思っているのか、まず、知ってもらいたい!!

 

レビー小体型認知症は、認知症ではあるけれど、また脳のダメージによっては

記憶障害の強い患者さんも存在するけれど、

 

記憶障害、認知機能障害はそれほど強く現れないのがレビー。。。

だということです。

 

言いたいけど伝えられない、いっぱい考えているけど声はでない、

数分後、1時間後に自分の意見を言うかもしれない、、のが

レビーなんです。

 

せん妄にだって、幻視にだって、理由は存在する。

 

これは命が消える日まで続きます。

ほとんどの医師がもう無理でしょうという状況から

奇跡の復活をしとげるのも、レビー。

 

もちろん個人差があるので、決めつけられませんが。

 

自分の意志でもケアでもどうにもならない、身体症状に振り回される、

処方された薬を真面目に続けて、命を削ることになる、

 

だけど、薬の微調整と、適切なケアがあれば、

穏やかに人生をまっとうできるのです。

 

医師にも医師を志したときの気持ちに戻って、じっくりレビー患者と向き合ってほしいです。

 

家族も対処を理解していれば、レビーを知らない医師とであっても

いっしょに向き合えるはず。

 

認知症だから、判断できませんから、と初めから決めつけている

人が語るレビー、違いますよと言いたいです。

 

家族は家族の命を守りたい、その気持ちだけです。

 

認知症、、がひっかかり、ひとくくりにされるなら、

 

 

いっそのこと、「小阪病」と言い換えてもいいのではと思うこのごろです。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    しば (水曜日, 19 2月 2014 09:22)

    良い記事をありがとうございます。

    「レビー小体型認知症」は、正しく理解していない医師の方が多いという病気です。

    まして
    「認知症は物忘れの病気です。徐々に進行、悪化し、戻りません」
    とあちこちに書かれたものを読まされ続けている全国民は、「そうなんだ〜」と素直に受け取るしかありません。

    違います!

    レビー小体型認知症は、物忘れの病気ではなく、
    一気に悪化するのは(多くは)医師に処方された薬のせいで、
    それを変えたり、適切に接すれば(「何バカなこと言ってるの!」と喧嘩をするのではなく。)
    認知症が治ったかと思う程の回復を見せる(潜在能力の隠されている)病気です。

    症状のために反応できなくなる(重症で何も分からない廃人のように見える)時でも、周囲で起きていることをちゃんと理解し、考え、記憶もし、周囲の言葉に傷ついてもいます。

    「何もわからない人」にはならないのがレビー小体型認知症です。

    「信じられない」という方は、こちらの記事をお読み下さい。

    「誤解だらけの認知症」(「続き」にレビーの解説あり)
    http://nonohana7.blog134.fc2.com/blog-entry-1148.html
    「レビー小体型認知症は、”認知症”なのか?」(「続き」も)
    http://nonohana7.blog134.fc2.com/blog-entry-1095.html#cm
    「若年性レビー小体型認知症 本人が語る症状」
    http://nonohana7.blog134.fc2.com/blog-entry-1192.html