おしゃべり会♪♪♪

3月のゆるゆる組おしゃべり会、4月の町田おしゃべり会、横浜やすらぎさんと合同のおしゃべり会、楽しく開かれました。

おしゃべり会の様子をお知らせします。

 

3月ゆるゆる組は偶然お知り合いになることができた、

タイ古式マッサージの先生、宮原さんにゆるゆる組に来ていただきました。

 

医療とつながるタイ古式マッサージ。宮原さんもある医師との出会いから、世界がまた広がったのだそうです。

 

YUTIKA

 

パーキンソン病の治療の一環として、タイ古式マッサージが参画したのです。

 

宮原さんが入っていらっしゃると、みんなの空気が変わりました。

やわらかく、ほっとする風が吹きました。

 

今回は、介護者の背負ったものがどんどん大きくなって、がんばろうとする心が萎えて行きそうという話もでました。

 

でも、みんなが、その気持を共有できますから、静かに受け止めていました。

 

そして、全員、マッサージをしていただきまして〜〜

 

結局、私がいちばんひどい状態ということで、いっぱいしていただき、

夢心地でした。

 

毎回、いろんな情報交換もします。

近況報告もします。

気づきもあります。

 

お気軽にいらしてください。

 

 

町田おしゃべり会。

 

毎月第二土曜日、玉川学園駅のわあくすさんの介護者ハウスで開かれます。

今年はお休み続きでしたので、みなさんとしばらくぶりでお会いしました。

 

わあくすさんは、地元地域のためにさまざまなボランティア活動を積極的に

なさっています。

ほんとうに、ベテラン組。

 

その上、認知症の勉強もすすめられています。

わたしたちもできるかぎり、レビーのお話を伝えています。

知っていただくことで、どこかで誰かに伝わると信じています。

 

また私たちもいろいろな面から再認識することも多く、学びの場でもあります。

 

今回は介護職の方が参加してくださったので、また視点がひとつ加わり、

とてもすてきなことだと思いました。

 

地域のかたでもそうでないかたも、医療、介護、お店、どなたでも参加

していただけたらと思います。

 

横浜おしゃべり会。

やすらぎさんの主宰者と友人ということで、合同企画と相成りました。

やすらぎさんは介護者ケアが中心なので、いろいろな介護の方が

参加します。

認知症には特化していません。

今回も娘介護の方がおふたり、レビーの方がおふたりの参加となり、

私、主催側2名で、総勢7名でのおしゃべりとなりました。

 

きっとレビー介護家族の話を聞いて、びっくりなされたかもしれませんが

いろいろなお話が聞けるのはとても良かったと思います。

 

介護家族の工夫なんていうものもわかりますし、

地元の情報なんていうのも知れたり。

 

レビーに特化していませんが、ぜひのぞいてみてください。

 

詳細はお問い合わせからどうぞ。

 

 

次回ゆるゆる組おしゃべり会

4月27日(日)

 

 

 

 

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。