病院を受診する時に医師に見せるメモ(印刷用)

これはレビー小体型認知症家族会の公式サイトの記事です。

掲載した薬剤名は、レビー小体型認知症の専門医(小阪憲司医師)らの著書、論文からの転記です。出典を明記してあります。

……………………………………………………………………………………………

 

        「レビー小体型認知症患者が注意すべき薬剤一覧」

 

極微量で始め十分な注意が必要な薬

 

 1. 抗精神病薬 2. 抗うつ剤 3. アリセプト(ドネペジル

 4. 抗パーキンソン薬(特に抗コリン薬は禁忌)

 5. 降圧剤胃腸薬吐き気止めの一部

 

出典:「レビー小体型認知症の介護がわかるガイドブック」

     小阪憲司・羽田野政治著 (2010年9月発行)P.84〜94

 

痛み止めなどの市販薬で具合が悪くなってしまったなどということもあるので注意が必要です。

小阪憲司著「レビー小体型認知症がよくわかる本」P.30)

 

 

薬剤性パーキンソニズムを起こすためレビーには使用を避けるべき薬

 

 ハロペリドール セレネース

 クロールプロマジンクロルプロマジンウインタミン・コントミン

 オランザピン  ジプレキサ
 リスペリドン  
リスパダール
 アリピプラゾールエビリファイ

 

老年医学 Geriatric Medicine Vol.49 No.7 2011年7月 

P.792-P.793「レビー小体型認知症(DLB)・認知症を伴うパーキンソン病(PDD)の治療」和田健二 田中健一郎 中島健二

(鳥取大学医学部脳神経医科学講座脳神経内科学分野)

 

 

レビー小体型患者のパーキンソン症状を特に悪化させやすい薬

 

 リスペリドン (リスパダール)

 ハロペリドール(セレネース)

 スルピリド  (ドグマチール)

 ドネペジル  (アリセプト)

 

出典:「認知症薬物療法マニュアル2013」河野和彦医師

 

 

薬剤性せん妄を起こしやすい薬

 (出典:2013年2月15日笠間睦医師による朝日新聞医療サイト記事)               

 1. ベンゾジアゼピン系の抗不安薬・睡眠薬 

 2. 抗ヒスタミン薬 (かぜ薬・アレルギー治療薬など)

 3. 抗潰瘍薬の一部 (シメチジンガスターなど) 

 4. ステロイド  5. 抗うつ薬  6. 抗コリン薬

 

● 下痢止め(ストッパ等)、風邪鼻炎の薬は、アセチルコリンを押さえ認知機能を低下させる。(出典:池谷裕二著「海馬」P.196) 

 

 <その他参考にした文献>

*「高齢者が服用すべきではない薬剤の一覧」

 (国立保健医療科学院・今井博久氏作成。2008)

*「医療用医薬品の添付文書情報」(「医薬品医療器具情報提供HP)

 *「かかりつけ医のためのBPSDに対応する向精神薬ガイドライン」

 (H24厚生労働省事業により研究班作成)

*「厚生労働省作成 薬剤性パーキンソニズムマニュアル」H18年度

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。