たっちさんのお父様の場合

父:88才(T14年生)   主介護者: 近隣に住む兄 遠距離介護の娘(私)

                                   母: 父と2人暮らし。脳血管性認知症

 

 

80才までは、とても元気だった。母(軽い脳梗塞)を助け、自立していた。

 

  <2006年> 81才 幻視が現われる

 

「客がいる。ご飯はどうする?」「T子(妻)が2人いる」等と言い出す。
ATMの使い方を何度も聞く。「家賃も払わず住まわせてもらい申し訳ない」
寝ている時に怒鳴ったり、ふすまに大きな穴を開ける。

うつっぽかったが、カッとして初めて母に手を挙げ、母が怯えていた。

 

私はネットで調べ、レビー小体型認知症を疑い始めた。

 

  <2007年> レビー小体型認知症と診断される

 

もの忘れを気にし、兄が脳神経外科に連れて行き、レビーと診断される。
アリセプトを飲み始めたが、母よりも早く認知機能は落ちていった。
私はネットで得た情報(薬物過敏性など)を兄に伝えたりしていた。

2ヶ月に1度の遠距離介護が始まる。

 

  <2009年> 要介護1

 

すり足で歩くようになり、時々転倒したり失禁するようになった。

介護保険の利用を考えたが、兄も私も何も分からず、1から勉強した。

「あまり気が進まない」という父を説得し、週1回デイサービスの利用開始。

 

  <2010年> 要介護2

 

兄の負担軽減のため数週間に1度帰省するようになる。

自分と家族の生活を調整しなければならず、家族の協力が本当に有り難かった。

 

父自身が、ケアマネに「この病気は進行するので、周囲に迷惑を掛けないようにしたい」と話し、これが認知症患者の言葉かと驚く。

 

  <2011年> 急に悪化していく

 

急激に悪化。大震災後の余震に「敵が攻めて来る!」等と騒ぎ出す。

徘徊も始まり、介護負担が大きくなる。ショートステイ利用を開始。

認知症の母は、私が父を介助すると「1人でできる!」と怒り、大変だった。

 

私は「レビー小体型認知症介護家族おしゃべり会」に参加し始めた。

知識を得たので、新しい症状が出てもすぐに理解し、受け止めることができた。

 

帰省のために止むなく仕事の量を減らし、収入も減る。

同居ではないので医師と薬の調整もできず、私が側にさえいたらと苛立った。

両親に対する罪悪感、遠距離介護ゆえの様々な葛藤が消えたことはない。

 

  <2012年> 要介護3

 

飲み込みが悪くなり薬を止めると体が固まり、介助なしには歩けなくなった。
トイレの介助も女性には大変で、身体介護の負担が重くのしかかり、辛かった。

そんな私に父は「悪いな。申し訳ないな」といつも気使ってくれた。

 

私の状況が変わり、帰省は、月1回に。

 

ケアマネからは、「認知機能もずいぶん低下した」と言われる。

『施設に入れることなんてとてもできない』と思いながらも施設の見学に行く。

 

  <2013年> 要介護4

 

兄が毎日2回訪ねて介護を続けて来たが、発熱で入院し、そのまま病院生活に。

立ち上がって倒れ、怪我をしたため、日中は、車いすに拘束されている。

 

私は、数週間毎に帰省しているが、両親の寂しげな姿を見ながら、ずっと側にいてあげられないことが、本当に申し訳なく、切なくなる。

 

定年退職後は、介護職に就いて、苦しむ介護者を救えたらと考えている。

 

お孫さんと一緒に
お孫さんと一緒に