若年性レビー小体型認知症(リンク集)

65歳未満で発症する認知症を若年性認知症(若年認知症)と呼びます。

映画「明日の記憶」「私の頭の中の消しゴム」やドラマ「純と愛」等でご存知の方も多いと思います。

 

全国で、推定3万7800人(人口10万人当たり47.6人)。

(2009年3月厚生労働省公表の調査結果)

 

でもレビー小体型に限れば、最初から正しく診断される方は、

ほとんどいらっしゃらないのではないかと思います。

 

パーキンソン症状から始まった場合は、パーキンソン病

不眠、頭痛、体調不良、集中力低下などから始まった方は、

うつ病誤診された例を複数聞いています。

「更年期障害でしょう」と言われた例もあります。

 

パーキンソン病と診断されたHさんもうつ病と診断されたKさんも

レビー小体型と正しく診断されるまで10年かかっています

 

お2人共、大変体調が悪くなってから、やっとレビー小体型と分かりました。しかし適切な治療を受けた後、ずいぶん回復されています。

 

若年性レビー小体型認知症に関しては、

まだ医学会でもよく分かっていない状態です。

 

調べても、「進行が早い」など希望の持てる情報は、ほとんど出て来ません。

 

でも私が、知り合った若年性レビー小体型の方々は、適切な医療リハビリを受けながら進行を確実に遅らせ前向きに生活していらっしゃいます。

決して進行が早いとは言えません

 

以下、3人の方の体験談へのリンク集です。(私のブログにつながります)

 

  <10年間うつ病と診断されていたKさんの記事>

 

幻覚の種類と具体例 いつどう起こり何を感じるのか

 

一度出た症状も消える

 

「認知症に見えない」と言われるときの気持ち

 

* 幻覚(幻視・幻聴・幻臭)をどう感じているか

 

* この病気になって何が苦しかったか

 

* 今までの経過  * 症状(幻覚・意識障害) 

 

* 空間認知能力の低下(料理に苦労するなど)

 

* 治療  * 漢方薬治療

 

* 病名を隠す苦しみ・打ち明けて良かったこと


追記:Kさんが作った同病の方同士の交流を目的とした掲示板

 

  <10年間 パーキンソン病と診断されていたHさんの記事>

 

経過・気持ち (補足) *リハビリ入院体験談

 

車いすで沖縄へ家族旅行  *石垣島旅行

 

   <うつ病と誤診されたominaeshiさんの記事>

 

経過・気持ち(全3回)

 

幻視はどう見えるのか *時間の間隔・料理ができない

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。