Aさんの御主人の場合

夫(S29年生。59歳)介護者:妻Aさん(59歳) 二人暮らし

 

 

     

  <2004年前後> 50才前後 運転が下手に

 

趣味の車の運転や仕事(精密な手工業)が苦手になる。

常に不安がり、私は、男性の更年期障害を疑っていた。

頻尿・残尿感のため検査をしたが、異常なし。

睡眠中に泣いたり笑ったりし、面白い人だと思っていた。

           

  <2009年>54才 幻視が見え始める

 

胃がんの手術後から、誰も居ない所で人や死んだ猫がいると言い、話し掛けたりするようになる。

霊感があって見えているのだと、本人も私も思っていた。

小股、すり足の歩き方が始る。 

 

 <2011年>56才 薬で急に廃人に

 

会話が噛み合わないなどの異変を感じ始める。

物忘れはないので認知症とは考えず、脳転移を疑い受診。

アルツハイマー病の疑いがあると言われ、アリセプト(抗認知症薬)と抗うつ剤を処方される。

1週間位で廃人のように。1日中横になり、よだれはひどく、トイレでは呆然と立ち尽くして失禁していた。

投薬を中止すると、1ヶ月位で元に戻った。

         

  <2012年> 57才 アルツハイマー病と診断

 

熱中症での救急搬送を機に再び脳の検査を受ける。

神経内科でアルツハイマー病と診断された。翌月要介護2

やっと病名がついたことで、私は随分楽になった。

物忘れはないが、たまに服を着られないことがある。

失神も繰り返し起こる。

私が勧めてリハビリが充実したデイサービスに通所。

  

  <2014年>59才 レビー小体型と診断が変わる

   

血圧が異常に低くなり、具合が悪くなる時がある。

服の着方が分からなくなることや失禁が増えた。

 

最近、手に付いた見えないゴミをさかんに払うと主治医に伝えるとレビー小体型認知症と診断が変わった。  

 

アルツハイマー病と信じて一生懸命勉強してきたのに、急に違う診断名が付き、驚いた。    

物忘れはないのに色々なことができず、そのアンバランスに戸惑い、全く未知の病気に不安が膨らんでいた。

家族会に連絡を取り、体験談取材を受けていく中で、少しづつ心の整理ができてきた気がする。

 

夫は、症状を改善して、再び運転することを夢見て、リハビリに励んでいる。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。